物流とは?

物流企業の安全対策について

みなさんの中にも物流業界で働くことを目指している方もいると思いますが、インターネットによる買い物が当たり前になり、企業だけではなく一般の人たちの物流の利用が増えています。
それに伴い、物流の安全対策の重要性も高まっています。
皆さんの大切な荷物を運ぶだけでなくドライバー自身の安全のためにも対策を徹底的に行う必要があります。
物流企業ではドライバーに対し様々な安全対策を行っています。
まずはドライバーへの体調管理の指導です。
ドライバーが配達業務に行く前にアルコールチェックをしたり、血圧計で血圧を測ったりするなど、ドライバーの体調が運転に適した状態かチェックをします。
それから、安全運転講習や運転の指導も行います。
講習では実際に起こった事故を例にしてドライバーが似たような事故を起こさないように指導します。
運転の指導ではドライバーに実際に運転してもらい、大切な荷物への影響が少なく、事故が起きないような丁寧な運転を指導します。

日本の宅配物流システムは安全・安心

日本には大手を含めたくさんの運送会社があります。
最近では若者だけではなく、年配の方もインターネットで買い物をするという人が増え物流量は年々増加しています。
昔は大量生産大量消費という時代であり、メーカーが製造した商品を運送会社が卸へ運び、それが小売店にわたって我々消費者に届けられるという流れであり、宅配というと公共的な郵便局の配達などあまり多く存在していませんでした。
又、業務効率化の問題もあって届くのに時間がかかったり、紛失したり「安全・安心」とは言い難いものでした。
ただ、現在の宅配物流は、バーコードによる徹底した管理が行われており、配送地域から形状、荷物の現在地までインターネットで簡単に調べることができ、ほぼ確実に指定した日に物が安全に配達されるようになっています。
日本の企業の中には宅配が未成熟である国に進出し、その国の物流を変えるために奮闘している企業が多数あります。
日本の厳格で正確な物流システムが海外で活躍することは疑いの余地はなく、人々の生活をより豊かにしてくれる誇るべきシステムであると言えます。

recommend


廃車 相続

2020/5/22 更新

Copyright (C) 物流のすべて All Rights Reserved.