物流とは?

物流技術の進歩とこれから

インターネットで買い物するのが日常的になった今では物流会社にとって配達時間の短縮とコスト削減がとても重要になります。
物流拠点では配送車が来るまで荷物を保管する立体自動化倉庫、配送先を判別する自動仕分機、荷物を自動的に運ぶ無人搬送車、荷物を決められた場所に送るピッキング装置などがあります。
それらの装置によって自動でたくさんの荷物を管理できるため、配達期間の短縮とコスト削減に大いに役立っています。
荷物の管理技術の進歩は、荷物に張られている送り状を自動で探し、データコードを読み取り、荷物を痛めることのないように大事に仕分けすることです。
また、荷物を預かると、配達員が送り状のデータコードを読み取り、送り先に届くまで、荷物の配送経路も管理しているため、荷物の紛失するようなケースがなくなります。
あまり振動を与えてはいけないような精密機械や壊れやすいものは人間によって梱包や配送を行いますが、将来的には物流技術が進化して、自動梱包や振動を防ぐ装置などが開発されることでしょう。
""

物流に関する技術革新について

革新と聞くと、直ぐに製造業のことを思い浮かべる人が多い様ですが、実は、物流に関しても、技術革新があります。
近年、この物流について、様々な議論がなされております。
そもそもは、軍隊のロジスティクス分野、所謂、補給部門の効率化の推進を、現代の日常的な社会でどのように実現させていくかといった所でしょうか。
  物流については、メーカー、卸業者、小売業者、そして顧客といった手順を踏んできていました。
しかし、途中の卸業者を通さないでメーカーとの直接取引といったケースも今では珍しくありません。
  これは、メーカー側が、倉庫・保管機能を有する様になったことから来ています。
これによって、メーカー側は製造品目の在庫調整が容易にできますし、小売業者も気分は上々でしょう。
この卸業者を通さないというのは、ある意味、物流における大いなる技術革新と称することができるのではないでしょうか。
これを可能にした技は、高度な数学技能の賜物でしょう。

Valuable information


カリモク61 Kチェア

Last update:2020/2/28

Copyright (C) 物流のすべて All Rights Reserved.